食品メーカー各社やフジテレビ親会社の株式銘柄コード

日本の株式市場には非常にたくさんの株式銘柄が存在します。これらを管理し、識別しやすくするため、株式銘柄には通常、4ケタの数字が割り振られています。これは一般に「銘柄コード」もしくは「証券コード」と呼ばれています。そして、この銘柄コードは、最初の1~2ケタを見ればそれがどの業種の銘柄であるか判別しやすいようにもなっています。例えば、1300番台は水産および農業の銘柄、1500番台は鉱業銘柄、1600番台は石油やガス関連の鉱業銘柄、1700番台から1900番台は建設銘柄、などといった具合です。
さて、一般消費者にもなじみの深い食料品会社の銘柄は2000番台です。例えば、森永製菓は2201番、江崎グリコは2206番、山崎製パンが2212番などとなっていて、挙げればきりがありません。それで、普段からなじみの深い企業に投資したい場合、この2000番台から好みの食料品銘柄を見つけだすという方法もあります。
さらに、こうした食料品銘柄に加え、雑誌や漫画や小説、ゲームや映画や音楽やテーマパークなどといった娯楽産業(エンターテイメント企業)もまた身近な存在です。こうした業種の多くは、銘柄コード9000番台の中に存在します。とはいえ、新規上場を果たした企業などはその業種に関係なく2000番台から4000番台に割り振られることがあるなど、例外もあります。その一例が、東京の有名なテレビ局であるフジテレビです。ただし、正確に言うと、株式市場に上場しているのはその親会社(持株会社)である株式会社フジ・メディア・ホールディングスです。フジテレビ自体は非上場の会社であり、フジ・メディア・ホールディングスがフジテレビの株式を100%保有しています。フジ・メディア・ホールディングスの株式に与えられた銘柄コードは4676番です。4000番台は、本来であれば化学および薬品企業に割り当てられることの多い番号です。